国立文化財機構 | National Institutes for Cultural Heritage

HOME> 法人情報>契約に関する情報> 納品書または工事・役務の完了を確認する書類への押印省略について

納品書または工事・役務の完了を確認する書類への押印省略について

2022年3月7日

 本機構に提出いただく納品書または工事・役務の完了を確認する書類について、下記の通り運用を開始することとなりましたので、お知らせします。

                    記

1.押印を省略できる書類

  納品書または工事・役務の完了を確認する書類

 (注)・見積書については、従来より押印は不要です。

    ・押印を省略できるのは、会社印、代表者印、担当者印等の全ての印です。

    ・押印した書類についても今までどおり受け付けます。

2.押印省略時の記載事項

  • 押印を省略する場合は、真正性担保のため、当該書類において、別添記載例の通り必ず「発行責任者及び担当者」の所属・氏名・連絡先電話番号を記載してください。 記載がない場合は、押印の省略ができませんので、御注意ください。

3.押印を省略した書類の提出方法

  • 押印を省略した納品書または工事・役務の完了を確認する書類については、郵送の他、 PDF形式のファイルを Eメールに添付して提出することが可能です。
  • 「発行責任者及び担当者」の所属、氏名及び連絡先電話番号は、メール本文ではなく、必ず書類に記載してください。

4.本件取扱開始日

  令和4年4月1日以降に開始される取引から適用とします。

 納品書の記載例はこちらのファイルをご覧ください。

納品書または工事・役務の完了を確認する書類 への押印省略について(お知らせ) [PDF]