国立文化財機構 | National Institutes for Cultural Heritage

HOME > お知らせ > 最新情報 > パスワード付ファイルが添付されたメールの受信廃止について(2022/7/25~)

パスワード付ファイルが添付されたメールの受信廃止について(2022/7/25~)

2022年07月25日

独立行政法人国立文化財機構

 当機構では、メールシステム(メールアドレス:~@nich.go.jp)におけるセキュリティ対策として、2022年7月25日(月)より、暗号化zipファイル等のパスワード付ファイルが添付されたメールの受信を遮断する措置を行っております。
 関係機関の皆様には、セキュリティ対策についてご理解ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

  • 遮断後の対応について
  • 当機構のメールシステムにおいて、暗号化zipファイル等のパスワード付ファイルが添付されたメールを受信した場合、以下の対応としております。
    • 送信者へは、当該メールがブロックされた旨の通知メールを自動返信いたします。
    • 受信者は、当該メールがブロックされた旨の通知のみ受信します。

    ※パスワード付でないファイルが添付されたメールは、遮断されません。

  • ファイルを送信する代替手段について
  • (1)ご利用されているファイル転送サービスやクラウドストレージにてファイル送付をお願いいたします。
    (2)ご利用のサービスがない場合は、当機構で使用しているファイル転送サービスがございますので、送付先の機構職員まで適宜ご相談ください。

  • 遮断措置に至った経緯について
  • パスワード付ファイルは、ファイルが暗号化されているためメール受信時の安全性確認(マルウェアのチェックなど)が極めて困難です。「Emotet」や「IcedID」などの標的型攻撃における感染経路として利用されており、昨今脅威が増していることから、当機構のメールシステムにおいて、受信遮断の措置を行うこととさせていただきました。